奈良会長方針

[会員企業の為になる奈良経営研究会を目指す]

~共に学び 共に栄えるの実践~

日創研奈良経営研究会は今年で発足より7年目を迎えることができました。これもひとえに、支えていただいた会員の皆様のお力添えがあってのことと心より感謝申し上げます。

2014年に日創研奈良経営研究会は発足して以来、毎年方針を掲げ歴代会長が会の基盤をつくって頂きました。
改めて日創研奈良経営研究会は設立の精神に立ち返り「真剣に企業経営を学ぶ会」「人を育てるという志の高い会」「地域になくてはならない企業の集い」を忘れてはならないと強く感じております。

さて、我々中小企業を取り巻く外部環境はますます変化していくことが予想されます。過去10年連続で倒産件数は8,235件と減少しておりますが休廃業・解散件数は46,724件と倒産件数の約5.7倍にまで膨らんでいます。
後継者不足、人手不足により今後もこの傾向は拡大することが予想されます。

このような人手不足から安易な雇用により労務倒産も考えられます。
またAI、IOT、5Gなどのニュー・テクノロジーによるビジネスモデルの革新は様々な中小企業の努力を一瞬にして飲み込み死活問題にまで波及するとも言われています。
このような激変する外部環境に柔軟に対応し、縮小していく国内市場で勝ち残るためにも、私たち中小企業は真剣に勉強することが求められると思います。
本部会長方針の中でも原点回帰、イノベーション、コア・コンピタンス経営しか中小企業が生き残る道はないと挙げられています。

今後起こりうる環境変化に対応するべく2020年度は社員さんと共に学べる環境をつくり、会員企業のお役に立てる事業を開催して参ります。
そして会員さんのニーズに応えながら【会員企業のためになる奈良経営研究会を目指す】を実現します。

 

[方針]日創研奈良経営研究会の活性化本部レクチャラーを活用した例会の開催

  1. 経営白熱教室例会の開催
  2. ビジネスモデル討論例会の開催
  3. 全国三大事業への参加促進
  4. 本部研修への参加促進
  5. 「共に学び 共に栄える」仲間の増強

 

日創研 奈良経営研究会会長

酒井 雄生

 

ページ上部へ戻る

[ 1つの理念 2つの目的 3つの誓い ]

私たち奈良経営研究会は、上記に示す理念、目的、誓いにもとづき、様々な活動を行っています。
また、奈良経営研究会では、入会希望者を随時募集しております。
ご興味のある方はぜひお気軽にお問合せ下さい。

Copyright© 日創研 奈良経営研究会. All Rights Reserved.